*

コンドームの正しい付け方

男性でも意外と知らないコンドームの正しい付け方をまとめました。せっかく盛り上がっている挿入前のムードをコンドームの装着に時間がかかって冷めてしまわないようにとか、焦って装着して正しいコンドームの付け方を知らない人も多いのではないでしょうか。
また女性もコンドームを付けてあげることもあるはず。最近では薄いコンドームも多くなかなか装着が難しいとか、もう一度コンドームの付け方の基本的な部分をまとめました。

コンドームの袋の開け方

コンドームの袋を開ける時には、そのまま開けるのではなく、コンドーム端の方に寄せてから袋を開けるようにしましょう。
コンドームが入った袋の端の方を最後までしっかりと切り取ります。

コンドームの裏表の確認

コンドーム本体の端をつまみ、「どちらの方が広がるのか?」裏表を確認します。裏向きで装着しようとしてもゴムが降りていかないので失敗してしまいます。特に慣れていない男性は間違える確率が高いので注意が必要。

コンドームの先端の空気をしっかり抜く

コンドームをペニスの先端に軽く置き、先っぽの精液溜まりに空気が入らないように注意しながら、つまんで空気を押し出します。
適当にペニスの先端に乗せて装着すると先端に空気が入ってしまいます。その状態で挿入するのは実はとても危険です。コンドームがピストン運動で摩擦が起こった時に破れる可能性が高いからです。
またコンドームの先端の精液溜まりに空気が入っているとペニスの根元の方に精子が逆流してきてしまいます。

片手でコンドームの精液溜まりをつまんだまま、クルクルクルッと根元の方に目がけてコンドームを装着

片手でコンドームの精液溜まりをつまんだまま、クルクルクルッと根元の方に目がけてコンドームを装着していきます。毛を巻き込まないよう注意します。
根元にコンドームが余っていたら、一度上の方に手繰り寄せてきて、再度クルクルクルッと根元の方まで下ろしていきます。そうする事によって、途中で抜けてしまったり、まさつで破れてしまったりする事を防ぎます。
巻き下ろすことでコンドームと包皮が一緒に動くようするのが重要です。

仮性包茎の人のコンドームの付け方

仮性包茎の方がセックスをする場合、コンドームのつけ方には注意が必要です。その理由は、仮性包茎の人の場合は、正しくつけないと、セックスの途中で外れやすくなってしまうからです。
仮性包茎の方ははじめに包皮をペニスの下までスライドさせながら剥いていき、亀頭を露出させ、包皮にたるみがないように、ピンと張った状態になるように、包皮を下まで下ろします。
コンドームの空気だまりの空気を抜き、コンドームの表裏を確認して亀頭部分から8割程度までコンドームを装着します。そして、根元部分に集まっている包皮の、より根本に近い方の皮を先端の方へ少し押しやります。(この時、根本部分の皮は通常の時と同じように皮が余っていない状態です)そのまま先端の方へ押しやった包皮を、コンドームの中に一緒に入れてしまい、最後に根本(先端の方へ包皮を押しやったので皮が余っていない状態)までコンドームをかぶせてしまい完成です。

テープをひくだけで装着が簡単にできるコンドーム「すぐぴた」

どうしても装着が苦手。。という人はテープをひくだけで装着が簡単にできるコンドーム「すぐぴた」をおすすめします。テープを引っ張るだけなのでかんたんに装着できます。すぐピタのの詳細・レビューはこちらに掲載しています>>

 

 

 

 



 

コンドームの正しい付け方の動画

 




 

 - セックス