*

【完全保存版】陥没乳首(陥没乳頭)を治す方法

陥没乳首(陥没乳頭)という名前はよく聞くと思います。陥没乳首(陥没乳頭)は特に若い女性に多く見られ症状が軽度の人も含めると、成人女性の約1割以上(10人に1人の割合)が片側または両側に発生しているとの報告があります。それだけ陥没乳首(陥没乳頭)に悩んでいる人が多いということです。今回は陥没乳首(陥没乳頭)についてまとめてみました。

陥没乳首(陥没乳頭)とは

陥没乳首(陥没乳頭とは乳首が乳房の内側に凹んで乳首がない状態で、具体的には乳首が乳輪より奥の方に引き込まれている形になっていて飛び出してない状態のこと陥没乳首(陥没乳頭)と言います。実は陥没乳首(陥没乳頭)にも真性の陥没乳首と仮性の陥没乳首の2種類あります。
不安な方は一度診療機関で診断をしてもらうといいでしょう。

真性の陥没乳首

真性の陥没乳首は、刺激を与えてもまったく出てくることがない状態の乳首をいいます。この状態の乳首の治療は手術を必要とする場合がおおいです。

仮性の陥没乳首

仮性の陥没乳首は、刺激を与えることである程度は出てくる状態の乳首をいいます。しかし通常は出てこないため垢が溜まりやすく不衛生になりやすいため乳腺炎を引き起こしたりもするそうです。

陥没乳首(陥没乳頭)の弊害

陥没乳首(陥没乳頭)の弊害としては一番は乳首の見た目が気になる人が多いでしょう。また陥没乳首(陥没乳頭)は乳首が体の内側に入ってしまっているので、汚れが溜まりやすくなります。おへそに汚れが溜まってしまうのと同じようになります。陥没している部分に汚れがたまり、雑菌が繁殖しやすい不衛生な状態になります。そのため、乳腺炎という病気になるリスクが非常に高くなります。まめに洗って清潔にしておくことができます。また陥没乳首(陥没乳頭)の場合、授乳に支障がでることがあります。仮性の陥没乳首の場合は乳首にて授乳な場合がありますが、真性の陥没乳首の場合等、吸い方を母親の乳首を口に入れるのではなく乳輪全体を口に入れるように吸わせることになります。乳輪を吸わせる事になりますので、柔らかくしておくことが大事です。

陥没乳首(陥没乳頭)に効果のあるアイテム

陥没乳首(陥没乳頭)解消にはマッサージや気軽に試せる陥没乳首(陥没乳頭)に効果のあるアイテムとしては乳頭吸引器があります。乳頭吸引器とは乳頭を吸いだして理想の形を目指すための器具のことです。具体的にはポンプなどで圧力をかけて乳頭を吸引し突出させていきます。乳頭吸引器を使用して乳頭が突出した状態を徐々に増やしていくことによって、自然に突出した乳頭を目指します。乳頭吸引器には、主にポンプ式タイプと装着式タイプがあります。ポンプ式タイプは乳頭に吸引器をあて、ポンプを使って乳頭を吸引・突出させる乳頭吸引器で装着式タイプは乳頭に日常的に装着して陰圧を発生させ、乳頭を吸引・突出させる乳頭吸引器です。おすすめは下記3種類の乳頭吸引器になります。

プチフィット装着式乳頭吸引器

プチフィット
プチフィットの製品詳細と購入者レビューはこちら>>

ピジョン Pigeon 乳頭吸引器

ピジョン Pigeon 乳頭吸引器 カンボツ・へん平乳首に
ピジョン Pigeon 乳頭吸引器の製品詳細と購入者レビューはこちら>>

ピペトップ

ピペトップ(4個入り)とピペトップクリーム(43g)のセット
ピペトップの製品詳細と購入者レビューはこちら>>

iroha stick イロハ スティック

乳首に刺激を与えるアイテムとしてはイロハスティックをおすすめします。従来のアダルトグッズとは一線を画すコンパクトな防水ローターでコスメポーチに忍ばせておいてもわからないデザインになっています。

iroha stick イロハ スティック 【コンパクトな防水ローター】※乾電池付き
iroha stick イロハ スティックの製品詳細と購入者レビューはこちら>>

 - すべての記事一覧, その他