*

【注意!】生理中してはいけないこと・生理中に避けたほうがいいこと5選

生理中にしてはいけないことは意外と忘れていたり、知ってても記憶が曖昧だったりします。今回は生理中にしてはいけないこと・生理中に避けたほうがいいことをあらためてまとめてみました。

生理中の飲酒やアルコール

生理前から生理中にかけてはアルコールの分解能力が低下し酔いやすかったり悪酔いすることがあります。また生理中はアルコールは出血を促進する働きがあるのでお酒を飲む場合は少量にしておいたほうがいいでしょう。ちなみに喫煙は血管を収縮させてしまい、生理の症状を重くしてしまうので吸わないほうがいいでしょう。生理中は冷たい飲み物や刺激物などお腹に負担をかけるものは避けたほうがいいでしょう。

生理中の運動

生理中の運動は基本的に激しい運動は避けたほうがいいでしょう。生理中に激しい運動をするとホルモンバランスを乱すのと瞬発的な激しい運動は子宮が収縮してその結果経血の量が増やしてしまいます。長時間のジョギングや腹部に力をいれるようなウエイトトレーニングはやめましょう。また水泳も体を冷やすし雑菌に抵抗力がない時なので避けたほうがいいでしょう。生理中の運動としてはウォーキング・ヨガ・ストレッチなどの軽めの運動であれば生理中に行っても大丈夫です。

生理中のセックス(性行為)

生理中のセックス(性行為)はなるべく控えることをおすすめします。生理が始まっての1-3日目は子宮の内側(子宮内膜)の古い内膜が剥がれ落ち大掃除をしている最中なのでセックスをしてしまうと古い経血が逆流してしまい子宮内にそのまま残ってしまう可能性があります。また生理中のセックスは膣内に痛みを強く感じる方も多いので避けたほうがいいでしょう。

生理中の温泉入浴

生理中の温泉の入浴は控えたほうがいいでしょう。普段子宮の入り口は硬く閉じていますが、生理時は中の血液を排出させるため、ここが緩んでいます。そのため外からの雑菌が子宮の中に入りやすい状態になっており、大勢の人が使用している温泉への入浴はリスクがあると言えます。血液というのは感染症を人に移してしまう可能性があるほか、雑菌が繁殖しやすいので、温泉のお湯に血液が混じるととても不潔です。ほかのお客さんのことも考えて、生理中の温泉入浴は避けましょう。内風呂の入浴をおすすめします。

生理中のおすすめアイテム

Amazon生理用品ほしいものランキング>>

 - すべての記事一覧, その他