*

【完全版】「上つき」と「下つき」の違いと適した体位

女性器の膣口の位置で「上つき」と「下つき」って聞いたことありますか?いったい「上つき」と「下つき」とはなにか?どう違うのか?上付きだといいのか悪いのかと答えられる人は少ないかもしれません。今回は「上つき」と「下つき」について調べてまとめてみました。

「上つき」と「下つき」とは?

「上つき」と「下つき」とは?女性が仰向けに寝て、足を広げた状態で膣入口が恥丘側(お腹側)に近ければ「上つき」・肛門側に近ければ「下つき」ということになります。特に上付きと下付きの境界や定義は無いですが、目安として肛門から膣までが3~4cm以上あれば「上付き」・以下なら「下付き」だそうです。

「上つき」と「下つき」は年齢によって違う?変化する?

「上つき」から「下つき」へと位置が年齢によって変化します。小さな女児の場合、直立した状態で外性器が確認できるほどの「上つき」です。それが女性として成熟し、お尻の筋肉が発達するに従って、しだいに「下つき」になっていきます。
その理由として思春期前後から、骨盤が傾斜していくことによって後方へと移動し、最終的には個人差が出てきます。これは、骨盤の形や大きさによって決まります。

40代までの女性は、「上つき」率は約4分の1で、多くの女性が「下つき」という結果らしいです。その理由としては加齢とともにヒップが下がり、それに伴って膣壁が押し上げられ、しだいに膣入口が上がってきます。その結果40代以上になると、上つきと下つきの割合はほぼ半々になるそうです。また骨盤の位置によっても上付き・下付きの影響があるようです。骨盤が骨盤前傾(反り腰)だと下付き・骨盤後傾(完全直立)上付きだと言われています。

「上つき」と「下つき」に適した体位と不向きな体位

上付きに適した体位は「正常位」

上付きの場合、膣がお腹側に位置しています。そのため正常位時は仰向けになって足を広げた場合膣がやや上方を向いた角度に位置していますので、挿入する男性からは非常に挿入しやすい角度になります。

下付きに適した体位は「後背位(バック)」

後背位で四つん這いになった時に、下付きの場合は膣が後方にいる男性の方に向いた角度になりますのでバックだと挿入しやすいのと角度調整がしやすいです。

[補足]
※逆に下付きの女性が正常位をする場合は膣が下過ぎて挿入しづらくなってしまうのがネックになることがある場合があります。その場合には膣の位置を上に持ち上げることがポイントで腰の下にクッションを入れることで、腰が持ち上がりますので、必然的に膣の位置も持ち上がります。
※性交痛の一つの原因として上付きだと後背位(バック)で痛みを感じやすく、下付きだと正常位で痛みを感じやすいというのがあります。その場合には上記のようなクッションや角度調整することによって改善することがあります。

「上つき」と「下つき」どちらがいい?

「上つき」と「下つき」どちらがいいとか、悪いとか、コンプレックスを持つことは特にないと思います。年齢によって「上つき」と「下つき」も変わるということは自分の気持ち体位やあった体位も変わるということです。性交痛でや悩んでいる方やむしろ自分がどちらか把握をしてそれにあった気持ちいい体位を知ることが大切だと思います。

※「女医が教える 本当に気持ちのいいセックス」シリーズはおすすめです。一度読んでみると今まで疑問だった体位の事や挿入の角度等詳しく書いてあります。

 - すべての記事一覧, セックス