*

【潮吹き率高!】女性1人でもできる「潮吹き」のテクBEST5❤

最近ではAVの影響で潮吹きもポピュラーになっていますが、女性側で潮吹きができる方法をまとました。潮吹きは、いわゆる「イク」という感覚とは別のものだと言われています。実は、多くの人が勘違いしているかもしれませんが、潮というのはそもそも大量に出るものではありません。AVの様に、盛大な潮吹きを見たことのある人/そうでない人でイメージに差がでると思いますが、大量に噴水のように出ることはほとんどないです。霧吹き2回~3回分くらいが本当の潮吹きです。

自分のGスポットの場所を把握する

潮吹きのメカニズムについての詳細は実は解明されていない点が多いのですが、傾向としてはGスポットを刺激されることで、愛液にも尿にもなっていない水分が尿道から出てくるものが潮という説が強いです。潮吹きのコツとしては自分のGスポットがどこにあるのか把握をすることと適切な刺激はどのような刺激かを理解するのが潮吹きの近道だと思います。Gスポットに関しては、オナニーのときに自分の指で刺激をするより、バイブやGスポットを専用のアダルトグッズを使用したほうが的確に刺激を得ることができます。

Gスポット専用のバイブを使って潮吹き体験をする!

通常のバイブでもGスポットに刺激を与えることができますが、おすすめなのは最近ではGスポット専用バイブも販売されています。潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズは通常のバイブより先端の角度がちょうどGスポットを刺激するように作られており、またモーターを内蔵をしているのでよりGスポットに強い刺激を与えることができます。

潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズ 【 二代目助さんver.】 単4電池4本タイプ

潮吹きバイブII ローターダブル内蔵KO-MON様シリーズの続き・詳細はこちら>>

潮吹きは水分を補給することが大事

潮の元は体内の水分なので、セックスの前になるべくたくさん水を飲んでおくことが大事です。本来なら尿になる水分が潮になりやすくなります。また、潮を吹くときと尿意を感じるときの感覚はよく似ていると言う女性もおり、膣内や尿道近辺にたっぷり水分が行き届いている状態であることが大事だそうです。実際にAVの撮影とかでも撮影前に大量の水分を摂取するようです。

潮吹きはリラックスした状態で体感できる!

これはセックス全般に言えることですが、オーガズムを迎える一つのポイントとしてはリラックスした状態であることが大事です。潮を吹かなきゃというプレッシャーの中で潮を吹くことはありません。無意識のうちに潮を吹いてたくらいがベストです。オナニーでも同じことですね。

潮吹きを体感するには我慢をしない!

潮吹きの感覚的にはお漏らしをしたような感覚になることが多いそうです。シーツを汚してしまう!や恥ずかしいと思ってとっさに漏らさないように体を緊張させてしまったり、必死でこらえたりしてしまう人がとても多いので潮吹きまで至らないことが多いとおもいます。その前に余計な心配事を減らすように潮を吹いてもいいような準備をしておくことが大事です。

 - セックス, セルフプレジャー